援軍を釣り出す様々な方法

援軍処理をする時の第一歩といったら援軍をクランの城から釣り出す作業です。

この釣り出し作業を行うのに様々なユニットを使う事が出来るのでこの記事では各ユニットの釣り出し要員としての用途について軽く説明します。

はじめに

釣り出し作業の大原則

何か特別な理由がない限り(例:トラップ解除)釣り出し要員はユニット枠が1枠でも少なく済む方法で行うべきです。

例えばババ4体かジャイ1体、どちらでも援軍を全て釣り出せる配置があるとしたらババ4体で行うべきです。

ジャイを連れて行く代わりにババ4体連れて行く事により空いた1枠でアチャなんかを連れて行けます。

その1体のアチャが星2を星3に変える時が必ずあります。

たまに1〜2枠で釣り出せるのに5枠ユニット使っている人を見かけますが勿体無いと思います。

初見攻めのリスク

この記事では各ユニットの釣り出し要員としての用途を記述しますがあくまで「こんな釣り出し方もあるんですよー」っていう説明をするだけで、どうしても注意しないといけない事が一つあります。それは初見攻めのリスクです。

先程、釣り出し要員は1枠でも少なくと言いましたが初見攻めで援軍処理を行う時は相手の援軍がどんな援軍なのか見当もつかないうちは小粒系が出てくる可能性がある以上、下手にリスクを負う事は出来ません。(これだから小粒系は厄介(´ω`;))

しかしこのリスクを軽減する方法はありますのでそれはこの記事の最後の方で説明します。

ババ

基本的にババの様な1枠ユニットで釣り出す事が出来たらそれに越した事はありません。th9以上を攻める時にババだけで援軍を全て釣り出す事が出来るような甘い配置に遭遇したらかなりラッキーです。

こんな配置↓

ババ釣り出し

アチャ

滅多にないですが、ババだと防衛施設に討たれるので全部釣り出すのに2〜4体は必要になるけどアチャだと丁度防衛施設の攻撃範囲外から釣り出せるっていう配置の時に有効です。

ジャイ

頑丈な上、優先攻撃目標が防衛施設なので周りにある資源系や軍事系の施設を無視して防衛施設に向かって直進してくれる非常に便利な釣り出し要員です。

ゴブリン

滅多にないですが、下の写真の様にゴブがクラン城の範囲内にある資源系施設に接近することによって援軍を釣り出す事ができます。

WB

Th8で割とよく使う事ができるのが wbです。

Th8になると下の写真のようにババ1体では釣り出せないように工夫してる配置をよく見かけます。「釣り出すのにジャイ1体くらいは使わせてやる!」っていう敵の魂胆です。でもこういった配置はジャイを使わずともwbで釣り出す事が出来ます。 

バルーン

バルーンは大砲や迫撃砲などの空ユニットを攻撃する事が出来ない防衛施設が孤立している時に非常に有効です。

↑上の写真の配置の場合、外で孤立している大砲に目がけてバルーンを投入すれば無償で大砲を破壊してからバルーンはWTへ向かい援軍を釣り出す事が出来ます。5枠分のユニットで防衛施設を一個破壊する上に釣り出しも行えたら非常にコスパ良しです。

バルーンの欠点は空ユニットを攻撃出来ない援軍(ラヴァ、黒バルなど)を釣り出す事が出来ない事です。

ガゴ

ババだと防衛施設に討たれるので3〜4体必要になるけど空ユニットを攻撃できる防衛施設の射程距離外から援軍を釣り出せる時にガゴは便利です。

↑上の写真の赤丸の所に投入すればどの防衛施設にも攻撃される事なく援軍を釣り出す事ができます。

注意して頂きたいのが上の配置だと援軍がドラだった場合、赤丸の所にババ1体投入すれば釣り出せるのでガゴは使わない方がいいです。この状況でクラン城に入っている援軍が小粒系ならガゴ、大型ユニット型だったらババ、と臨機応変に使い分けましょう。

ホグ

一番万能な釣り出し要員です。壁を飛び越えるのでジャイより中心に近づけます。hpはジャイ程高くないですが早いのであっという間にクランの城の範囲内に入り込めます。

しかし対策陣はホグ1体では釣り出せない様に工夫されています。

こういった時は複数のホグを使ってまでして釣り出した方がいいのか?

それは状況によりけりです。詳しくはこちらをご覧になって下さい。

ジャイとホグの使い分け

基本的にホグの方が使い勝手が良いです。以下の理由が挙げられます。

  • 釣り出しの祭に防衛施設にちょっとでもダメージを与えられる。
  • 区画に入るのでトラップを解除出来る可能性がある。

ただしジャイの方が丈夫なユニットです。

ジャイでも釣りだす事が可能で、相手のクランの城に小粒系の援軍が入っている可能性がある場合、ホグ1体だけでは全て釣り出せない場合があります。

そんな時はホグ1体で確実に釣り出し切れるという自信がない限り、無難にジャイで釣り出しても良いと思います。

初見攻め釣り出し作業のリスク軽減方法

では各ユニットの釣り出し要員としての用途を説明しましたがはじめに説明したように、初見攻めする時とそうでない時だとこちらが用意する釣り出し要員は大きく変わります。

例えばwbで釣り出す場合、相手の援軍がドラバルやラヴァの場合は有効ですが小粒系援軍が入っていた場合1体では確実に足りません。

このリスクを軽減する方法が幾つかあります。

  • 準備期間中に相手のクランの城を定期的に見て何枠埋まっているかチェックする。例えばth9の場合、城が12/30で埋まっている場合、ドラバルやラヴァが入っている可能性は除外出来ます。20/30を目撃する事が出来たらドラが入っている可能性が濃厚です(特に海外クランの場合)。
  • 相手の同thがどんな援軍を入れているか見る。例えば相手の同thの八割以上がドラバルだったら初見攻めでもそのベースの援軍はドラバルと踏んで良いと思います。類は友を呼びます。
  • 保険を用意する。援軍が大型ユニットだと踏んでまさかの小粒系援軍だった場合、裏ユニットとして使うホグを1〜2体だけ釣り出し要員として使用します。ババで釣り出す場合は小粒系だった時に備えて多めに持って行き、援軍が大型ユニットだったら余ったババを外周掃除用に取っておけます。

備えあれば憂いなしです。

では今日はここまで(^-^)/

コメント質問大歓迎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ミスッティ より:

    よくこんなそれぞれの説明に見合ったベース見つけたねლ(゚д゚ლ)

    手間かかってんな・・・
    そして、ものっそいわかりやすい!

    確かにwb釣り出しはTH8でよく見るね!

    • k1 より:

      苦労したよw自分で作ったらてっとり早かったんだけどそれは気が進まなかった(;゚∀゚)

  2. karinto より:

    「釣り出し要員はユニット枠が1枠でも少なく済む方法で行うべき」
    釣り出しをその配置にあったユニットで出来ればその分他に回せますもんね!
    アチャが足りずに☆2だったという思い当たる節が…(笑)
    ブログ本文にあるように釣り出しのリスク、再確認できました!

    • k1 より:

      1体のアチャが足りないがために星3取り損ねたら悔しいですもんね(´∀`;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です